株と投資の違い

株と投資の違いを解説していきます。

株を始める前に

By on 2016年09月26日

株のトレードを始めるには、株がどのようなものか知っておく必要があります。株式会社は、株を発行して自己資金の調達を行い、株主から委任を受けた経営者が事業を行い、利益を株主に配当するという企業形態です。

株式会社は、株式市場に上場している企業もあればそうでない企業もたくさんあります。上場していない企業は、日本証券業協会が未公開企業の株式を売買するグリーンシートというものと、個人会社に近い形で運営されている企業がありますが、後者の方は、依頼されない限り入手する手立てはないのです。そして、未公開株をネタにした詐欺も横行していますので注意が要ります。公開株を購入する場合、1株で購入はできません。ほとんどの企業が「単元株」という最低売買単位を設定しています。100株1口であるとか1000株1口などとなっているのです。小口で参加される場合は、投資信託(ファンド)に委託し、運営してもらうのが、一番良いと思います。

最初から多額の資金を個人的に運用することは、非常に大きなリスクが伴いますから、投資信託で運用してもらうことが大切です。証券会社に勧められたからと言ってA社の株を買うなど他力本願では収益も上がらず、成功することはないと思います。